7つのカテゴリーに分けた審査【 ProvisionalとMiscellaneous = プロビジョナルとミセラニアス 】

CFAに品種として認定を考慮中の品種猫のクラス

Miscellaneous = ミセラニアス
熱意を持ったブリーダーたちによって、CFAへ品種登録を申し込み、CFAのボードミーティングにおいて、CFAの認定プロセスを開始が決定したクラスです。

2016年5月からベンガルがミセラニアスとしてショーに参加することになりました。 世間一般ではベンガルの名を知る愛猫家たちはたくさんいますが、アジアンレパードとの交配により作出されたベンガルは野生が残っているとして、家猫を猫と考えるCFAには、認可までに長い時間がかかりました。

2018年4月からベンガルはプロビジョナル過程を経ずにブリードに昇格しました。多くのブリーダーの参加による結果といえるでしょう。

2018年4月からカオマニーとライコイがミセラニアスとしてショーに参加することになりました。

このクラスは、ショーでは審査員によって審査台において猫をハンドリングして、提案された品種標準についてのレポートが作成されます。このクラスは賞を受けません。


Provisional = プロビジョナル
ミセラニアスの次の段階で、CFAでの品種登録が近付いたクラスです。

現在はこのクラスの品種がいません。 このクラスの猫は、品種の中の最良猫を選ぶBest of Breedのために競技しますが、品種が登録されブリードと認定されるまではファイナル表彰の参加資格はありません。



<参考文献>CFA BREED AND COLOR ADVANCEMENT MATRIX

Copyright© 2018 - 2019 Something Hearts Cat Fanciers All Rights Reserved.