7つのカテゴリーに分けた審査【 Kitten = キツン 】

子猫のクラス

キャットショー開催日を対象として、猫の生後4ヶ月齢目になる日から8ヶ月齢になる前日までの子猫がキツンクラスにエントリー出来ます。

キツンクラスにはRW (リジョナルウィナー) 文字通り地区 (日本は第8地区) の勝者で、チャンピオンシップと同様に年間の獲得ポイント上位25頭までの猫を対象として、各リジョン毎に与えられるステイタスがあります。
キツンクラスはCFA登録ナンバーがなくても参加できますが、出陳頭数には加算されません。ショー開催日までにCFA登録ナンバーを持ち、ショーに参加した子猫は出陳頭数の対象となり、アワード受賞の獲得ポイント獲得資格を得ます。

キツンクラスでのエントリー資格は、僅か4ヶ月間のみで、まだ4ヶ月齢目になったばかりの子猫も、あと数日で大人のクラスになる7ヶ月齢の子猫も同じカテゴリーとして審査されます。

やはり、猫として成熟しつつある7ヶ月齢に近い子猫は、猫としてのバランスやタイプ、コートの魅力も発揮出来るでしょう。しかし、僅か4ヶ月齢の幼くあどけない子猫が勝者となる場合もあり参加して初めてその子猫の状態が把握できると考えられます。魅力的な子猫は幼い頃からあどけない表情と大人の魅力を兼ね備え、月齢が上の子猫以上の高い評価を得るでしょう。

成長後にチャンピオンシップに参加を考えている猫にとっては、子猫の時期からのショー会場や見知らぬ人や猫に慣らす事はキーポイントとなるかもしれません。

Copyright© 2018 - 2019 Something Hearts Cat Fanciers All Rights Reserved.