キャットショーの審査手順


CFAでは長毛種から成り立ったロングヘアーキャット = LH、12品種と短毛種から成り立ったショートヘアーキャット = SH28品種の40品種に加え、登録数の多い品種を毛色別に、長毛と短毛が認可されている品種を毛の長さで、全56のクラスに分割して審査の対象としています。

審査タイプ

  AB = オールブリードリング
    長毛種・短毛種のすべての猫の中から1~10位をカテゴリー別に表彰。
    表彰猫がグランドチャンピオン猫のみの場合チャンピオン6頭、プレミア4頭までを選出。

  LH = ロングヘアースペシャリティーリング
    長毛種のすべての猫の中から1~10位をカテゴリー別に表彰。
    表彰猫がグランドチャンピオン猫のみの場合チャンピオン3頭、プレミア2頭までを選出。

  SH = ショートヘアースペシャリティーリング
    短毛種のすべての猫の中から1~10位をカテゴリー別に表彰。
    表彰猫がグランドチャンピオン猫のみの場合チャンピオン3頭、プレミア2頭までを選出。

  SP = ロング&ショートヘアースペシャリティーリング
    すべての猫の中から長毛種、短毛種別々に1~10位をカテゴリー別に表彰。
    表彰猫がグランドチャンピオン猫のみの場合、長毛種、短毛種別々にチャンピオン3頭、
    プレミア2頭までを選出。

審査の手順

審査ケージにエントリー番号を提示された猫は、以下の順で審査を受け、そのリングの審査を終了とします。
ファイナルに再度呼ばれた猫が、その審査リングでの勝者となり、ロゼットやプレゼントを与えられます。

  ①ステイタス審査
    ブリード/ディビジョン別、毛色別、 性別、更に、ステイタス別に審査を受けます。
    カタログに表記されたOPNとNOVはCH/PRと同じステイタスで審査されます。
    それぞれ1位=青、2位=赤、3位=黄のリボンが与えられます。
    この時、青リボンの猫がたくさんいるでしょう。

  ②カラー審査
    ステイタス別審査で1~3位に選ばれた猫の中から、雄雌分けることなく、同じカラークラス = 毛色の猫から
    1位=黒、2位=白のリボンが与えられます。この時、黒と白のリボンは数枚あるかもしれません。

  ③ブリード審査
    カラー別審査で1~2位に選ばれた猫の中からその猫種の1位=茶、2位=橙リボンが与えられます。
     これまでの審査の結果を参照にチャンピオンとして審査を受けた猫に1位=紫リボンが与えられます。
    キツンでは紫リボンの対象猫はいません。ベテランの健全な猫には銀 = メリットアワードが与えられます。
    ハウスホールドペットの健全な猫には赤白 = メリットアワードが与えられます。

  ファイナル表彰
    審査リング別に、ジャッジが審査をした全ての猫から、審査タイプにそって1~10位までの猫が選出され
    ロゼットと呼ばれる順位の書かれた飾りリボン等が与えられます。
    全ての猫から、審査タイプにそってチャンピオンの1~3位、プレミア1~2位が表彰されます。


※たくさんの猫が集まるショーの場合、各カテゴリーのエントリー頭数 = カタログ掲載数が以下を超えた場合
ファイナルは15位まで表彰されます。
キツン = 100頭、チャンピオンシップ = 150頭、プレミアシップ = 75頭、ハウスホールドペット = 100頭

Copyright© 2018 - 2019 Something Hearts Cat Fanciers All Rights Reserved.